シニアインストラクター
高山みどり

【担当講座】

自分磨きマインドアッププログラム
〜美メンタルと姿勢力、いつまでも自分色で輝き続けよう〜

~私がインストラクターを目指そうと思った理由~

いつまでも先生や前向きなメンバーに囲まれたこの環境にいたいという思いと、自分の今までのネガティブな経験が誰かの役に立つことができると教えて頂き、諦めかけていた自分のこれからの人生に可能性と希望を見出せたので目指す事を決めました。

~これからどんな活動をしていきたいか~

自分らしく生きていきたい!
自分もそうですが、きっと皆さんもそう思っているはずです。でも、自分の思いと向き合った時に、これって常識的じゃないのかな。みんなが言う方が正しいのかな。という自分の中で作り上げたルールに縛られてしまい、なりたい自分に蓋をして、モヤモヤしてしまう事ないでしょうか。

本当は自分ファーストでいいはずなのに✨

私は心の向き合い方を学び、まずは自分はどうありたいのか。周りではなく自分。
それを大切に考えるトレーニングをしています。
そして姿勢を学んだ事で、姿勢もみんな違う。生活環境。食べ物。仕事。家族構成。あらゆるものから今の自分が出来ている。
みんなが良いと言うものは自分にも良いんだ!という考え方に違和感を覚えるようになりました。

常識ってなんだろう。その考えが自分に合っているものかもわからない。誰が決めたかもわからない不確かなものに振り回されて、なぜ一番大切な自分の思いを見て見ぬふりしてしまったんだろうと思いました。

誰一人同じ人はいないんですよね。色んな思い、考え、生き方があって良い。
そう思えると人と比べる必要性がなくなるのでストレスが減りますし、自分と違った考えも尊重できるようになります。

常識に左右されない自分軸と、頑張りたい時に頑張れる体があれば、不安を減らし楽しく歳を重ねていける大人達が増えていくように思います。
これから成長していく子供達がべき思考から解放されて、お互いに「個」を尊重し、楽しめる時代になるように。
心身の健康、そして楽しく年齢を重ねていく!をテーマに大人が笑顔で過ごせる社会を創っていく、そんな活動をしていきたいです。


インストラクター
中井みゆき

【担当講座】

自分磨きマインドアッププログラム
〜健やかで美しい心美人を目指して〜

~私がインストラクターを目指そうと思った理由~

私は今まで後悔も多く
どうせ私には無理。
私は、みんなが出来ている普通ことすら出来ないと人生をほぼ諦めた状態で未来より過去ばかり見ながら日々、子育てや目の前にある事だけを淡々とし過ごしてきました。
そんな中、自分自身が病気になり健康であることがどれだけ大切な事かが分かったものの病気になった自分。周りがいきいき楽しくキラキラ過ごしている事を比較し生きづらさも感じていました。
外では得意技の空元気で偽りの自分を演じ、そんな自分が嫌いで仕方ありませんでした。
いい加減、そんな自分を変えたい。私だって幸せだと思って生きていきたい!と思っていた時に
柴田先生に出会い、なりたい自分を自分の心に問いかけ出た答えが
いい事も悪い事(苦労したこと)全部含めて私自身が経験したことを通じて同じように不安や悩みを持っている方のお役に立ちたい。
それと同時に人のためになる仕事がしたい!と。

私も話を聞いてもらって救われた事がある。
だからこそ必要としてる方に寄り添って
本当の自分(自分らしい幸せ)への道をサポートしていきたいと思いインストラクターを目指そうと思いました。

~これからどんな活動をしていきたいか~

自分の自信のなさや不安ばかりで子育てを楽しめない本当の自分を見失いそうなママや女性の力になりたいと思っています。
(過去の私がそうだった)

そして、今年は我が子も受験生ということもあり
受験生の親御さんのために受験期の過ごし方や向き合い方など、受験期こそ親子関係の絆が深まる時だと思いますので親子で悔いなく受験期を過ごせるようサポートをさせて頂きたいと思っております。

~メッセージ~

今しかないと!勇気を出して一歩踏みだした結果、偽りの笑顔ではなく本当の笑顔でいること、自分を大切にするということがどれだけ大切なことかを知り私は変わりました。生きていて良かった!
新しい自分と出会え未来を考えられる自分が好きになりました!

あなたの幸せ、人生を諦めて欲しくない!!


インストラクター
川西智子

【担当講座】

自分磨きマインドアッププログラム
〜健やかで美しい心美人を目指して〜

~私がインストラクターを目指そうと思った理由~

悩みを持っていても、その人が人生の充実感が生まれるかもしれない「言葉」を伝えたいと思い、インストラクターを目指しました。

~これからどんな活動をしていきたいか~

これからの若い人へ、言葉の選び方で心配が少しでも少なくなるよう、講座の中で伝承していきたいです。